- ランナー膝(腸脛靱帯炎)

  • マラソンをしたあとに膝が痛い
  • 膝を伸ばすときに痛くなる
  • 太ももの外側が痛くなる
  • 休むと痛みが軽くなる
  • 長くランニングすると痛くなる
  • 練習後、歩けないほど痛くなるときがある
  • 整形外科や整骨院などに通っているが改善しない
  • なかなか良くならないので・・・この先とても不安!?

ランナー膝(腸脛靱帯炎)とは

  

ジャンパー膝とは主にスポーツなどの
「ランニング」
によって起こる膝痛のことをいいます。

太ももの外側にある腸脛靭帯が、
膝外側の大腿骨外顆との摩擦で炎症を起こして発生します。

原因としてあげられることは、

①オーバーユース
②筋ダメージ
③ウォーミングアップ不足
④疲労の蓄積
⑤過酷な練習

などがあげられます。

最初のうちは、
何となく膝の外側に違和感を感じるだけですが、
進行するとランニング後に膝の痛みを訴えます。

痛みが出ても最初のうちは、
休むと痛みは消失して運動が再開できます。

しかし炎症が進むと、
「ランニング出来ない」
くらい痛みが出てきます。

酷い場合には、歩行困難となる場合があります。

医療機関での処置

一般的な医療機関での処置は、

・マッサージ
・指圧
・鍼灸
・電気療法
・温熱療法
・運動療法
・投薬
・湿布
・固定

などをおこないます。

なぜ?当院で『ランナー膝(腸脛靱帯炎)』が改善できるのか

当院が考える「ランナー膝」の要因は、

①体の歪みと捻れ
②重心の変位
③脚軸の捻れ
④足底アーチのバランス

膝を伸ばすときは、
「大腿四頭筋」
   ↓
「膝蓋骨」(膝のお皿)
   ↓
「膝蓋靱帯」
   ↓
「脛骨粗面」

の順に張力が加わり膝が伸びてゆきます。

膝を曲げるときは、
主に太ももの裏にあるハムストリングや、
ふくらはぎの筋肉が協調して働きます。

この膝の曲げ伸ばし動作で、
「膝関節のアライメント」
が正常であれば、
「ランナー膝」
にはなりません。

しかし体のバランスが崩れ、
膝関節のアライメントが異常を来すと、
膝に負担がかかり、
「ランナー膝」
になってしまうのです。

これらの原因は足底アーチにあります。

足底アーチとは

出典https://sportsnomori.com

足底のアーチは、

①内側縦アーチ
②外側縦アーチ
③横アーチ

の3つのアーチがあります。

このアーチがあって支点ができます。

支点は、

①拇指球
②小指球
③かかと

の3点が体を支える支点となり、
足首(距骨)を正常な状態に立たせるのです。

カメラの三脚を思い出していただけば、
三本の脚がしっかり固定されていれば、
カメラを取り付ける支柱がしっかりします。

体全体の歪みと捻れを整え、
足底のアーチと下腿の捻れを調整すると、
脚の軸が安定し
「ランナー膝(腸脛靱帯炎)」
が改善できるのです。

病院や整形外科・整骨院や治療院などに行っているが、
なかなか改善しない、
「ランナー膝(腸脛靱帯炎)」
でお悩みのあなたへ。

あなたのお悩みをしっかり伺い、
誠心誠意お体を改善して参ります。

 


駅から近くて本当に楽ですと皆様にお喜びいただいています。
また、貴重なお時間を大切にするため、当院では完全予約制になっております。
ご来院いただきましたお客様に集中して施術が出来るように取り組んでいます。

柔道整復師の国家資格を持つ院長が検査、施術、説明まで一人で行います。毎回、お客様のお体の状態を確認しながら施術を進めてゆきます。
熟練した経験と技術を備えた施術で変化をその都度確認しお体をベストな状態にして参ります。その結果、92.7%以上のお客様がご自身のお体の変化を実感していただいております。

お客様のお悩みを聞くことは、症状の原因を知る上で最も大切な事だと考えます。お客様のお悩みがどのような経過で現れたかを伺い、原因の糸口を探します。というのも、症状の根本的原因は生活の中に隠れている場合がほとんどだからです。
お客様の過去から現在までの状態をお伺いするとが、お悩みを解消する最大のポイントになるからです。

年間700時間以上の研修・研鑽を行い、お客様が一日でも早く良くなるよう精力的に技術を身につけています。全国の著名な先生の門をたたき、東奔西走して習得しております。
お客様から「先生いつ休んでいるのですか?」と良く聞かれますが、一生勉強だと思っております。日々技術を進化させあなたのお役に立てるよう今後とも引き続き研修と研鑽を重ねて参ります。

他に類を見ない50項目に及ぶ驚異的な検査法を用いてお悩みの原因を探して参ります。
そして体のゆがみは骨盤・背骨・関節や筋肉だけでなく、内臓までおよんでいます。内臓がゆがむことで、様々な症状が体に現れる場合があります。


当院では、骨格や筋肉はもとより内臓・頭蓋骨に至る細部まで痛みの無い『無痛バランス整体』の高度整体技術で施術おこない、体の中から改善を図ります。
お客様からは軽い優しい刺激で体が変化するので「本当に不思議」と良く言われます。痛みやシビれ等のお悩みを取り除くため、あなたの本来持っている回復力・治癒力を引き出すことにより、お悩みの根本的改善をして参ります。


来院からお帰りまで

1 受付

当院は完全予約制になっております。
必ずお電話でご予約してから来院ください。

2 施術方針と施術内容のご説明

お客様のお悩みをしっかり伺い、当院の施術方針と施術内容をご説明いたします。
ご同意いただきましたら問診票にご記入の後、施術に入ります。

3 カウンセリング

問診票をもとにお客様のお悩みである症状をしっかりお伺いいたします。
いつから、どのように、どうするとつらいのかをお伺いいたします。

4 検査

お客様のお悩みの原因がどこから起きているかを独自の50項目に及ぶ検査法で調べてゆきます。
骨盤・背骨・骨格・内臓・頭蓋骨等細部に至るまで、お体を検査してお悩みの原因を突き止めて参ります。

5 施術

検査をもとに一人ひとりにあった最適な施術を致します。
骨盤・骨格・内臓などの歪みや捻れを調整して根本改善を目指して参ります。

6 施術後の検査とご説明

施術後に再度検査を行い施術前とどのように変化したかを確認いたします。
お客様のお悩みの原因がどこにあるのかをご説明させていただきます。

7 次回のご予約と御会計

お悩み解消に向けて施術計画のご提案をいたします。
次回ご予約と御会計をいただき終了です。


西武池袋線清瀬駅から当院までの道順


①改札を出て左(北口方面)に曲がります。

②ベデストリアンデッキ(空中廊下)に向かいます。 

③ペデストリアンデッキ(空中廊下)にさしかかり、すぐ右手に階段があります。 

④階段を降りてゆきます。 

⑤階段を降りてバスターミナルを直進します。 

⑥正面にりそな銀行が見えてきます。道なりに左へ曲がります。

⑦道路を挟んで正面にパチンコ店が見えてきます。
横断歩道を渡らずに手前を右に曲がります。 

⑧角に整骨院が見えてきます。整骨院を左手に見ながら道なりに直進します。 

⑨そのまま30m程度道なりに進むと左手に当院が見えて到着です。 

 

※おとなりが福田歯科医院様。当院正面に西武バス車庫があります