- 坐骨神経痛

坐骨神経痛

こんなことで困っていませんか?

  • お尻から足にかけてシビレや痛みがある
  • 寝ている時も痛い
  • 足に力が入らない
  • 痛くて足の置き所に困る
  • 腰から足にかけて電気が走る

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛は、

腰の神経から分岐した坐骨神経が圧迫されたり、
障害を受けることで発症します。

坐骨神経は、
お尻の周辺を通り足まで交通している神経です。

膝から下に行くと脛骨神経と総腓骨神経に分かれます。

腰の周辺に障害が起きると、
影響が足先まで及んで、
痛みやしびれという症状が表れます。

坐骨神経痛の症状として、

「お尻や太もも」

「すね」

「ふくらはぎ」

足にかけて鋭い痛みやしびれ、
ふくらはぎの張りや冷感など。

足の一部分だけに症状が出るケースもあれば、
足全体に出る場合もあります。

坐骨神経を障害するものとして次のことが考えられます

  • 症候性坐骨神経障害
  • 梨状筋性坐骨神経障害
  • 仙腸関節障害
  • 根性坐骨神経障害

なぜ?坐骨神経痛を改善できるのか

坐骨神経痛は、
腰からお尻を通り足先へと向かう靱帯最大の神経です。

一般的にはお尻の筋肉が、
坐骨神経を障害しているといわれています。

そうすると、

「お尻の筋肉」

を緩めれば解決するのではないかと思いませんか?

私は過去そのような考えで、
お尻の筋肉からその周辺を緩めていました。

改善した方もいましたが、改善しなかった方もいました。

お尻の筋肉が固くなった原因は何か?

それは・・・

坐骨神経を痛めている場所に、
にストレスがかかり続けているから、
痛みやしびれが出ているのです。

それを解決せずして改善はできません。

すべてではありませんが、
痛みやシビれが出ている側に、
重心が偏っていることが多いのです。

また、足の捻れや歪みに起因するものもあります。

体の捻れや歪みをしっかり調整し、
重心を整えてゆくと、坐骨神経痛は改善できます。

来院されたお客様の中には、

「ブロック注射」

「痛み止めの薬」

を処方されても痛みやシビれが、
改善しない方が数多くいらっしゃいました。

当院では、
坐骨神経痛を出している原因を突き止め、
体の奥から歪み音捻れを整え改善して参ります。

つらい坐骨神経痛でお悩みにあなたへ。

『無痛バランス整体』松村接骨院へご相談ください。

あなたのお悩みをしっかりと伺い「坐骨神経痛」を改善して参ります。


医師から推薦の声

駅から近くて本当に楽ですと皆様にお喜びいただいています。
また、貴重なお時間を大切にするため、当院では完全予約制になっております。
ご来院いただきましたお客様に集中して施術が出来るように取り組んでいます。

柔道整復師の国家資格を持つ院長が検査、施術、説明まで一人で行います。毎回、お客様のお体の状態を確認しながら施術を進めてゆきます。
熟練した経験と技術を備えた施術で変化をその都度確認しお体をベストな状態にして参ります。その結果、92.7%以上のお客様がご自身のお体の変化を実感していただいております。

お客様のお悩みを聞くことは、症状の原因を知る上で最も大切な事だと考えます。お客様のお悩みがどのような経過で現れたかを伺い、原因の糸口を探します。というのも、症状の根本的原因は生活の中に隠れている場合がほとんどだからです。
お客様の過去から現在までの状態をお伺いするとが、お悩みを解消する最大のポイントになるからです。

年間700時間以上の研修・研鑽を行い、お客様が一日でも早く良くなるよう精力的に技術を身につけています。全国の著名な先生の門をたたき、東奔西走して習得しております。
お客様から「先生いつ休んでいるのですか?」と良く聞かれますが、一生勉強だと思っております。日々技術を進化させあなたのお役に立てるよう今後とも引き続き研修と研鑽を重ねて参ります。

他に類を見ない50項目に及ぶ驚異的な検査法を用いてお悩みの原因を探して参ります。
そして体のゆがみは骨盤・背骨・関節や筋肉だけでなく、内臓までおよんでいます。内臓がゆがむことで、様々な症状が体に現れる場合があります。


当院では、骨格や筋肉はもとより内臓・頭蓋骨に至る細部まで痛みの無い『無痛バランス整体』の高度整体技術で施術おこない、体の中から改善を図ります。
お客様からは軽い優しい刺激で体が変化するので「本当に不思議」と良く言われます。痛みやシビれ等のお悩みを取り除くため、あなたの本来持っている回復力・治癒力を引き出すことにより、お悩みの根本的改善をして参ります。

アクセス情報

所在地

〒204-0021
東京都清瀬市元町1-1-6 エスタセルカ1F

駐車場

2台あり

休診日

日曜日

予約について

当院は完全予約制となっております